Skip to Content

正御影供寄席<露の団姫・豊来家大治朗>令和4年4月17日(日)

正御影供寄席

令和4年4月17日(日)

午前10時半頃より(御影供法会終了次第)

落語・講演 露の団姫

太神楽曲芸 豊来家大治朗

<露の団姫プロフィール>

上方落語協会所属の落語家。兵庫県尼崎市在住。高座の他にもテレビ・ラジオで活動中。

小さい頃からの「死」に対する恐怖をきっかけに仏教を学びはじめ、高校在学中に人生指針となる法華経に出会う。

落語家になるか尼さんになるか悩む中、落語の創始者、初代・露(つゆ)の(の)五郎(ごろ)兵衛(べえ)が僧侶であり、説法をおもしろおかしく話したことが落語の起源と知る。

高校卒業を機に初代・露の五郎兵衛の流れを組む露の団四郎(だんしろう)へ入門。3年間の内弟子修行を経て、主に古典落語・自作の仏教落語に取り組んでいる。

2011年、天台宗で得度。2012年、比叡山で四度(しど)加行(けぎょう)を受け正式な天台僧となる。

2021年、兵庫県尼崎市に「道心寺」を開山。

年間250席以上の高座と仏教のPRを両立し全国を奔走する異色の落語家。

好きな言葉は「一隅を照らす」(伝教大師・最澄上人)。

主な受賞歴

2011年11月  第6回・繁昌亭輝き賞(新人賞)過去最年少受賞

2017年 1月  第54回・なにわ藝術祭落語部門新人賞受賞

主な出演

テレビ朝日『ぶっちゃけ寺』、朝日放送『おはよう朝日~土曜日です~』

NHK『あほやねん!すきやねん!』、NHK『落語でブッダ』

日本テレビ『ラブぎゃっぷる』、OBC『露の団姫のまんまるサンデー』等多数

主な著書

『プロの尼さん』(新潮社)、『女らしくなく、男らしくなく、自分らしく生きる』(春秋社)

『団姫流 お釈迦さま物語』(春秋社)、『人生が100倍オモシロくなる仏の教え』(枻出版)

『仏教いろは寄席』(佼成出版社)、『聖♡尼さん』(春秋社)等

<豊来家大治朗プロフィール>

伊勢神宮熱田神宮の神事に始まる太神楽(だいかぐら)は厄払いの獅子舞、縁起物の曲芸を中心に演じられる400年以上の歴史を持つ伝統芸能です。

豊来家大治朗は太神楽曲芸師ラッキー幸治に師事し獅子舞、曲芸、軽業を学びました。伝統芸能に現代的な笑いを加えた舞台は老人から子供まで楽しんでいただけます。

また師匠より特別に伝授された曲芸「剣くぐり」は日本では大治朗ただ一人の技です。

・出演歴

【TV】NHK上方演芸ホール

【舞台】天満天神繁昌亭,大須演芸場

【その他】ライオンズクラブ,大阪ドーム,大阪城ホール,商業施設イベント,海外公演,他多数

令和4年度 弘法大師正御影供 4月17日(日)

令和4年4月17日(日)

(こうぼうだいししょうみえく)

弘法大師正御影供

虚空尽き、衆生尽き、涅槃尽きなば 我が願いも尽きなん。

この世界が無くなり、生きるものも居なくなり、救うべき者が一人もいなくなれば、私の願いも終わる。

それまで私は救いを求める者の傍にあろう。そう言われて大師は御入定されました。

すべての苦しむものを救おうという、目の前の人に手を差し伸べようという大師の心を感じ、

遺徳を受け継がんとする法会が正御影供です。


法要はYouTubeライブでも放映いたします

密を避けるため、席数を制限します。教堂二階が満席になり次第、一階モニター席にご案内いたします。ご協力よろしくお願いします。

  • 体調に不安がある方は参拝をご遠慮ください。
  • 消毒検温にご協力をお願いします。
  • 堂内での飲食はご遠慮ください。

<当日の予定>

  • 法要……9時開式
  • 住職挨拶……10時頃より
  • 寄席……10時半頃より
  1. 記念品・お札は発送でも対応致します。
  2. お供えを頂いたお方には、御影供の祈願札を授与します。
  3. もちまきは行いません。法話終了後に配布いたします。

<寄席>

落語・講演 露の団姫

太神楽曲芸 豊来家大治朗

正御影供寄席<露の団姫・豊来家大治朗>2022年4月17日(日)

 


<犬飼町・お世話人のみなさまへ>

平素からご尽力いただき、誠に感謝申し上げます。御膳帳を持って周っておられるお方、またお供え頂いた檀信徒さまのお気持ちを、皆様に伝えられるよう、準備させていただいております。

しかしながら、昨今の情勢を鑑みるに、例年同様の法会は行うことはまだ難しいと感じています。お参りの方やお世話人様の安全を考えて、無理のない範囲で法会執行と致します。

他府県にお住いの檀信徒様・世話人様においても、ご自身でご判断頂きたく思います。不安がある方はリモートでご参拝くださいませ。

  • 片付けを含め、午前中に終了予定です
  • 旗等、準備物を減らしています

令和4年初詣のご案内

本年の新春の行事は、感染対策を鑑みた形式をとりますので、お参りの皆さまにはご不便おかけしますが、ご了承のほどお願いいたします。

<12月31日>

23時~ 除夜の鐘・百八灯明の点火 (お参りの皆さまに灯して頂きます)

0時~  般若理趣三昧 初護摩供

<1月1日、1月2日>

9時~16時  破魔矢授与 お守り販売

<1月3日>

9時半~ 新年護摩法要 御鏡もちのお接待

1月1日~3日まで、甘酒のお接待を行います。

1月1日・2日は10時頃から3時ころまで。3日は9時から2時頃までのお接待を予定しています。無くなり次第、早めに終わる場合があります。ご了承ください。

※消毒・検温にご協力ください(法要日は入堂時に検温致します)

〇1月3日 チャリティーイベント開催

盲導犬・介助犬・聴導犬を引退した犬たちの老後を支える、支援チャリティーショップを境内に設置します。みなさまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

主催:日本サービスドック協会

秋彼岸・先祖供養会 9月21日(火)

9月21日(火)午前9時半より

轉法輪寺 大教堂2階

9:30~法会開式

11:00~法話

暑さ寒さも彼岸まで。今年も夏が過ぎゆこうとしています。

季節の変わり目に、いま私があるのはどういうことか、確かめなおすのはいかがでしょうか。

ある人がこう言っていました。

「動物でも、植物でも、進化するやんかぁ。

自分ら(わたしたち)も進化せなあかんと思うねん。昔よりもっと良く、より良くって。

もちろん時代には合わせていくのもそうや。それも前の人が残したものを改良改善していくのが、わしらの務めなんちゃうかな。

いまポッと生まれて出てきてるわけじゃなくって、ご先祖さんや色んな人が残したもんがいっぱいあるはずや。

それ、まず見直してみたら、いま自分がやらなあかんこと、わかる気がするんや。」

自然の生き物は環境に進化することを、誰から教えてもらったわけでもなく、必要に応じて前に進みます。

我々人間も、日々に追われて目が向けられないこともたくさんありますが、

何を日々の芯として生きていくのか、見直す時間が必要なのではないでしょうか。

皆さまのお参りをお待ちしています。

合掌

当山名誉住職遷化のおしらせ

2021年5月15日、午前7時に、当山名誉住職桑山聖規が遷化致しました。

故人に代わりまして、今までのご支援に深く感謝申し上げます。

<葬儀日程>

2021年5月17日 通夜式 午後6時より 於 当山大教堂2階

2021年5月18日 葬儀 午前10時より 同上

※感染対策のため、受付は境内とし、一般参列者は焼香のみのご参拝です。ご配慮の程よろしくお願い致します。

なお、17日通夜式は16時より、18日葬儀は9時より受付と焼香をして頂けます。分散参拝のご協力よろしくお願いいたします。

稲荷祭 3月13日(土)10時~

令和3年3月13日(土)

10時開式

◎鳴護摩修法(参拝者の方が洗い米を桶にお供えします)

◎おもちまきは人が密集するため行わず、配布とする予定です。

◎昼食接待(お供えを下げて、お接待します)

今年も春の稲荷祭を執行致します。お稲荷様はご存じの通り、商売繁盛・五穀豊穣の神様です。眷属のキツネのお姿で馴染みがありますね!そして、学芸にも御利益ありとされています。

例年は3月5日に執行しておりました稲荷祭ですが、一昨々年より土日祝日に合わせて行うことと致しました。

お間違えのないよう、お願い致します。

星祭結願法会

令和3年2月3日(水)10時開式

10:00~ 星祭法会

11:30頃~ 餅・供物接待:職衆・世話人・有志の厄年のお方

11:45頃~ 厄除け札授与

※申し込み時に、発送を希望されたお方様には、1月28日の十二座護摩供をもって順次郵送させて頂きます。なお、お申し込みの時期により未発送のお札もございます。ご了承くださいませ。

※教堂二階は人数制限を設けます。超過した場合は一階モニター席にご案内いたします。

感染予防にご協力ください。検温消毒・換気を行います。

令和三年の厄よけ星祭り祈祷

厄除け星祭り護摩は、真言宗傳燈の秘法として代々伝わる災難消除のための修法です。

人が生まれながらに背負う星回りがあり、それらが運命を司ると言います。年のかわり目である節分に際し、己の星をまつり、災難を避けるための祈りが星祭りです。

また、大厄・本厄といわれる、心身の変化や成長によって起こる不調を防ぐための祈りを捧げます。


まずお札を作らせて頂き、星供護摩を厳修します。次に星供を修法します。それぞれ、お一人ずつお名前を奉読し、護摩の炎で清めます。それらが終わると梱包してお堂に安置し、毎日の勤行にてお供養を2月3日まで続けます。


当山の星祭り祈祷は、申込み頂いた時から、2月3日まで長日ご祈祷します。

その後、皆さまにお札をお渡し(発送・持ち帰りどちらも可)します。1年間仏壇・神棚にておまつりください。

年末より、厄除け星祭りの申し込みを始めています。締め切りは来年(2021年)の1月半ばです。

厄除け星祭りのご案内(pdfリンク)


<厄年(数え年)>

男性

24歳(平成10年生まれ)、25歳(平成9年生まれ)、26歳(平成8年生まれ)

41歳(昭和56年生まれ)、42歳(昭和55年生まれ)、43歳(昭和54年生まれ)

61歳(昭和35年)


女性

18歳(平成16年生まれ)、19歳(平成15年生まれ)、20歳(平成14年生まれ)

32歳(平成2年生まれ)、33歳(平成元年生まれ)、34歳(昭和63年生まれ)

61歳(昭和36年)

特に注意すべき大厄として赤色で示しています。


厄除星祭祈祷規定(pdfリンク)

年間祈祷(家族祈祷)・個人祈祷・交通安全祈祷の3種類があります。

  • 年間祈祷(2万円~)を申し込まれると、毎月28日の不動護摩供で厄除け開運を祈祷し、お札を授与いたします。大口の祈願(5万円~)を申し込まれたご家族様には、毎日の護摩でご氏名を奉読し、家内安全を祈願します。
  • 年間祈祷の一家族とする規定は、生計を同一とされるご家族様です。
  • 厄年の方は、個人祈祷5千円以上の特別祈祷(厄除開運箸付き)をお勧めいたします。
  • 交通安全祈祷は、お守りと交通安全ステッカーをお付けします。

申込用紙PDF(pdfリンク)

  • 住所・氏名・年齢(数え年)、発送の有無等を正確にご記入ください。
  • お名前、住所の読み上げを致しますのでフリガナを添えて下さい。

お申し込みは、

  1. 上記PDFを印刷してメールで送付→犬飼山轉法輪寺メール…mail@inukai.info
  2. 上記PDFを印刷してFAX…0747-25-4717
  3. 電話にて申込用紙を請求…0747-22-4403

上記方法が難しい場合、申し込み用紙の郵送も承ります。お電話またはお問い合わせフォームにて、お気軽にご連絡ください。

先祖永代供養会 12月12日(土)

犬飼山篤志奉納者永代供養会

轉法輪寺に永代供養を申し込まれている方に、あらかじめご案内させて頂いています。
ご出席頂ける方は出欠をご連絡くださいませ。

  • 日時:2019年12月12日(土)
  • 法要:9時半より
  • 場所:轉法輪寺大教堂2階

昼食のお接待は、お持ち帰りにてお願い致します。

本年の記念講演は延期致します。


<感染予防にご協力ください>

  • 来寺時に検温をします。発熱が見られる方にはご退場を頂く場合がございます。
  • 消毒液を各所に設置してあります。お使いください。
  • 換気を行いますので、室内の温度が低くなると思われます。防寒具をお持ちください。(寺にてブランケット・カイロも用意してあります)